会社案内

『AED(自動体外式除細動器)』の設置

当社では、ご来店のお客様に万が一のことがあった場合の救命器具「AED(自動体外式除細動器)」を全店舗に設置しています。

設置されているAED

AEDとは

AEDとは、心臓の心室が小刻みに震え(けいれん)、全身に血液を送ることができなくなる致死性の不整脈の状態を、心臓に電気ショックを与えることにより、正常な状態に戻す器械です。
心臓の心室がけいれんを起こし出してから1分ごとに救命率が7〜10%下がるといわれています。このときに、いかに早く救命処置ができるかが生死を左右することになります。その際、強い電気ショックを与えてこのけいれんを除去する電気的除細動は、最も効果的な方法であり、この電気的除細動を自動的に行うのがAEDです。

2004年7月より、医師や救急救命士だけでなく、現場に居合わせた一般市民もAEDが使用できるようになり、病院や診療所、救急車はもちろんのこと、空港、駅、スポーツクラブ、学校、公共施設、商業施設等を中心に設置されてきています。

ユニバースの取り組み

当社では、お客様が万が一の際にも慌てず安全確実に救命措置を施すことができるよう、従来から「普通救命技能」(心肺蘇生法や止血法などの正しい知識と技術)の習得に力を入れてきましたが、これに加えて2007年からはAEDの知識・技能も併せて習得しています。 AEDを店舗に設置するだけにとどまらず、AEDを正しく的確に使える技能を習得した人員を各店舗に配置しています。

救命の鎖(Chain of Survival)

尊い生命を救うためには発見者(そばにいる人)による一次救命処置(下図のとおり、救命の鎖を少しでも早くつないでいくこと)を行うことが重要です。
迅速な行動で救命率を飛躍的に上げることができます。
救命の鎖

AEDを使った心肺蘇生の流れ

AEDを使った心肺蘇生の流れ

※このページのイラストおよび資料は、日本光電工業株式会社様のホームページより転載させていただきました

ユニバースの社会貢献活動